妊婦 便秘 1週間

便秘は妊娠した女性の共通の悩み

 

男性は元々あまり便秘にはなりません。
お腹が弱く下痢気味でお腹をすぐ壊すという人はいても便秘が続き何日もでないという人はほぼ見られません。

 

一方、女性のほうはというと妊娠しなくても生理前など便秘になったりします。
これは、女性ホルモンの関係上しかたがないことなのです。

 

妊娠すると強烈な便秘がやってきます。
これは黄体ホルモンという女性ホルモンの1種が分泌されて大腸から水分を奪うため腸の蠕動運動が鈍るからです。

 

妊婦

 

うんちがでないといっても2、3日のことではないのです。
1週間から10日も続くこともあるのです。

 

うんちがでないだけなのですが、お腹が張ってすっきりせずとても苦しい気分になります。

 

ヨーグルトやバナナなどで対策をするが効かない

 

妊婦はうんちが出ず毎日苦しいのです。
毎日とても苦しいのでやはり少しでも楽になるようにと便秘に効果があると言われているヨーグルトなどを毎日食べますが、あまり効果がないことが多いのです。

 

妊婦が次に行うのは、産婦人科の医師に相談します。
だいたいここで産婦人科の医師は、マグミットという薬を処方します。このマグミットというのは妊婦に使うお薬なので弱くがんこな妊婦の便秘には効かないことが多いのです。

 

医師は、妊婦なので強い薬を使うわけにはいかず「様子をみる」とか「出産まで我慢しなさい」などと言います。

 

食べ物でもだめ、薬でもだめとなると八方塞がりです。

 

がんこな妊婦の便秘に対策なし

便秘になってうんちがでなくて苦しいというのはなったものにしかわかりません。

 

しかも、便秘が1週間以上続くのはかなりの苦しさです。
お腹の赤ちゃんでお腹が張っているのか、便秘でうんちが出ないのでお腹が張っているのかもうわかりません。

 

こうなるとまさに「助けて」ということになります。

 

こういう状態になっても市販の便秘薬は購入して飲んではいけません。なぜなら市販の便秘薬は大腸を刺激するタイプの薬で流産の可能性があるからなのです。

 

妊婦

 

妊婦のがんこな便秘解消にはオリゴ糖

 

ここで妊婦の頑固な便秘の救世主を紹介しよう。
救世主というのは、カイテキオリゴというオリゴ糖です。

 

元々、スーパーで売っているようなオリゴ糖でも便秘に効果があると言われています。

 

それは、腸内でビフィズス菌を活性化させ腸内環境を整えるからです。

 

でも、妊婦がなるような頑固な便秘はスーパーで売っているようなオリゴ糖では効果がでないことが多いのです。

 

では、カイテキオリゴがなぜいいのかというとカイテキオリゴは多くの種類のビフィズス菌の活性化に成功したオリゴ糖だからです。

 

安全性が高く便秘解消効果も高いので妊婦は手の離せない商品と言われています。

 

また、カイテキオリゴを飲んでいて困ったときはいつでも健康管理士に相談できるなどサポート体制もばっちりです。

 

 

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)

 

>>妊婦におすすめカイテキオリゴの詳細はこちら<<